妻子ある人とのちょっと不思議な関係。



プロフィール

キャラメルマキアート

Author:キャラメルマキアート
妻子ある人を好きになってしまいました。期限付きの恋だったんですが。。。。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホテルに戻ってから・・・
浴衣を脱いで、楽な格好になる。

Tさんは、お酒が足りなかったようで、コンビニで買ってきたお酒を飲む。

私は、布団の中。


Tさんがテレビとお酒に夢中で、なかなか相手してくれないので「ねぇ。かまってぇ」と言った。

すると

「お酒飲んだらね。ちょっと待ってて」

って。

Tさんが飲み終わるのを待つ。



そのうち、Tさんがベットにやってきた。

そして、私を「ぎゅう」って抱きしめた。

そして、Hが始まる。



お互いが気持ちよくなって、眠りにつきました。

Tさんに「ぎゅう」ってされながら。


幸せを感じるひと時です。



スポンサーサイト

1ヶ月ぶりのデート
待ち合わせ時間は、12時過ぎ。

場所は、駅の改札。

Tさんは、待ち合わせ場所に私より先にきた。

すぐに、電車に乗り込む。


デートの場所は、YOKOHAMA。最初は、中華街に向かう。

誰も、私たちのことを知らないから、堂々と手を繋げる。

久しぶりのTさんの手。


ぐるーっと回ってから、気になったお店に入った。

お店では、昼間からビールを頼む。

向かい合っての食事は、やっぱり楽しい♪

お互いに、この1ヶ月の仕事の話をした。



ランチの後は、また、ぐるーっと中華街を見て歩く。

でも、暑いのと人が多いのとで疲れちゃって、14時過ぎにはホテルへ向かった。



ホテルには、15時過ぎに着いた。

部屋に入って、くつろぐ。

暑かったので、Tさんはすぐに裸になった。

私は、いきなり裸っていうのもどうかと思ったので、とりあえず、下着姿になった。

すると、Tさんは「暑いでしょ?そんなの早く脱いで」と言って、私の下着を脱がす。

そして、裸になった。

抱き合った。

久しぶりのTさんに「ぎゅう」ってされると、懐かしくなった。

大好きなTさんの胸。

気持ちいい。

何度も、キスをした。



しばらく、いちゃいちゃした後、一緒にお風呂に入る。

お互いの身体を洗いっこする。

Tさんは、既にHモード(笑)。

私の身体を触り始めた。

「もう」なんて言いながらも、うれしい(*^_^*)



お風呂から上がって、H開始(笑)。


Tさんは、私の感じるところを触る。

声が出る。

すごく、気持ちいい。


Tさんは、私が一番感じることをしてくれた。

リクエストしたわけじゃないんだけど、一生懸命、私が気持ちよくなるように努力してくれた。

本当に気持ちいい。

何度もイキそうになる。


もう、我慢ができなくなって、Tさんに「入れて」と言った。

Tさん「いいの?」
私「うん。。。もう、だめ。お願い・・・」
Tさん「いくよ」

Tさんが入ってきた。

やっぱり、いい。

Tさんと離れ離れになってから、いつでもHができる状態じゃないだけに、久しぶりにHをすると、とても感じてしまう。

それは、Tさんも一緒のようだった。

私が上になると、何度も、顔を手で覆う。

そして「いかん」と言う。

Tさんが、手で顔を覆うときは、感じている証拠。

それを見るのが大好き。


Tさんは、何度かイキそうになった。

でも、いじわるして(笑)「まだ、イッちゃだめぇ。もっと」と言う私。


何度も「いかん、いかん」と言っては、顔を手で覆うTさん。

Tさん「もう、だめ。イキそうだよ。イってもいい?」
私「だめ。すごくいいんだから、まだだめ」
Tさん「だって、もう、我慢できない。イク・・・」

何度も、Tさんが「イキそう」と言うので、一度、イってもらうことにした。


Tさんが言った後は、少し休憩。

そして、今度は、私がイク番。

Tさんは、決して自分勝手なHはしない。自分がイッた後は、私がイケるように頑張ってくれる。

Tさんに愛撫されて、私はイッた。



Hの後、お風呂に入って、すこしいちゃつく。


いつの間にか、眠りに落ちた。



お腹が空いて起きた。

せっかく浴衣を持ってきたのに、台風の影響で花火大会は中止になった。悔しいので、浴衣を着てご飯を食べることにした。

ちょうど、天気も回復していたので、浴衣で外を歩いても平気だった。



お店は、歩き回って見つけた和風居酒屋。

雰囲気がいい。

好きなものをたくさん注文した。


へへ。うれしい。

仕事の話から、以前働いていた会社の話など、いろんな話をした。

途中、Tさんが「うまくいかないものだね。結婚してから、●●ちゃんと出会ってしまうなんて」と言った。

少しだけ、驚いた。

Tさんも、そう思ってくれてたんだ。



そういうことは、普段、私が言う言葉だ。

「なんで、もっと早く出会ってなかったのかな」とか「結婚してなかったら、●●ちゃんとずっと一緒にいてくれた?」とか、いつもは、私がTさんに言う。

だから、Tさんがそう言ってくれたときは「本当に、私を愛してくれてるんだな」って思った。




居酒屋の後は、コンビニに寄ってから、ホテルに戻った。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。