妻子ある人とのちょっと不思議な関係。



プロフィール

キャラメルマキアート

Author:キャラメルマキアート
妻子ある人を好きになってしまいました。期限付きの恋だったんですが。。。。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きっと・・・。
Tさんに腕枕されながら、話した。


私「●●ちゃんね、思ったの。“Tさんと同じ年代に生まれたかったなぁ”とか“Tさんが結婚してなかったら”とか思ったけど、もしね、Tさんが20代後半で独身だったとしたら、私、Tさんを好きにならなかったかも」
Tさん「そうなの?」
私「うん。多分。だって、今のTさんは、結婚して20数年間の結婚生活があって、子育てして、社会のこともたくさん知ってて、その20数年間があるから、今の魅力的なTさんがいるんだもん。
きっとね、今、独身のTさんと出会ってても、私はTさんに惹かれなかったかも・・・って思う」
Tさん「そっか。じゃあ、やっぱり、今出会ってよかったんだ」
私「うん、きっとそう」



きっと、そう。


スポンサーサイト

お久しぶりです。
久しぶりの更新です。
仕事が忙しかったのと、Tさんのうちに入り浸りで書けませんでした。

近況としては・・・。

相変わらず、Tさんとはラブラブです。
でも、お互いに仕事が忙しいかったので、ゆっくり休日を過ごすことはできませんでした。

今日の午前中は、私が仕事でした。
Tさんは夜勤だったので、仕事終わってからはTさんのうちに行って、一緒にお昼ご飯を食べました。

「休日にこうやって一緒にお昼ご飯を食べるのは久しぶりだね」って言いながら、テレビ見て、ご飯を食べました。

ご飯が終わってから、そのままお布団にゴロン。

Tさんに腕枕されながらテレビを見て、時々「ぎゅっ」って抱き締められたりしながら、時間を過ごしました。

仕事続きで忙しいTさん。
多分、今日は仕事まで、こうやってゴロゴロしながら過ごすんだろうなぁ・・・って思っていたのですが。

Tさんとキスをしているうちに

Tさん「●●ちゃん、大きくなってきちゃった」
私「え?なにが?」
Tさん「僕のあれが」

触ってみると、本当に大きい(笑)。

Tさんがキスをしながら私の服を脱がし始めた。

下着一枚にされて、しばらくいちゃいちゃする。

Tさんが、私の身体のいろんなところにキスをする。

Tさん「●●ちゃんの△にキスしたい」
私「え。ダメぇ。お風呂に入ってないから」
Tさん「じゃあ、お風呂に入る?」
私「うん!」

と言うことで、お風呂に入りました。


休日の昼にお風呂に入るなんて、贅沢♪


お風呂から上がって部屋に戻る。

お布団の上でTさんを待っていると、戻ってきたTさんにキスされた。

そのまま、布団に押し倒される。

何度もキスをした。

いろんなところにキスをした。


最初にTさんが私を気持ちよくしてくれた。

いつもなら「●●ちゃんに入っていい?」と言って、すぐにでもひとつになりたがるTさんが、今日は、ずっと私に愛撫し続けてくれている。

うれしかった。

気持ちよかった。


Tさんに入ってきて欲しくて、「いいよ。入ってきても」と言うと、Tさんは「いいの?」とうれしそうな顔。


なんか、今日はいつもよりも気持ちいい。

Tさんが奥まで入ってくると、すごくいい。

私「Tさん、なんか、すごくいい・・・」
Tさん「どうしたの?どこが気持ちいいの?」
私「よく分からないけど、いいの・・・」

Tさんが上になった次は、私が上になる。

気持ちよくなったTさんが「●●ちゃん、もうダメ。イキそう」と言って、自分の手で顔を覆うのが好き。

私に感じてくれてるんだと思うとうれしい。

Tさん「●●ちゃん、いかん。もうダメ」

中部地方出身のTさんは、Hのとき、イキそうになると「いかん」と言う。

「いかん、いかん」って言うTさんがたまらなく好き。

もしかして、私ってS(笑)?

Tさんが何度も「いかんって」って言うので、先にイッてもらうことにした。

また、Tさんが上になる。



Tさんは、あっと言う間にイッちゃった。


Hの後は、裸で抱き合って眠った。



数時間後、Tさんが起きたのに気付いて、私も起きた。

「いちゃいちゃしよう?」って言う私に、Tさんは「どんないちゃいちゃ?」と聞いてきた。

また、Hが始まった(笑)。

「イケないかも」なんて言うTさんだけど、2回目もちゃんとイキました(笑)。


2回目のHの後は、お風呂に入った。

お風呂から上がった後は、夕飯。

うちにあるもので簡単に作って食べた。



ご飯の後は、またお布団にゴロン。

Tさんに腕枕されながら、テレビを見た。

こんなにゆっくり過ごしたのは、ものすごく久しぶり。


私「いいね。こういう風に休日を過ごすの」
Tさん「そうだね。ほんとに久々だなぁ」
私「ねぇ。来月の●日は、仕事も落ち着く?」
Tさん「う~ん、どうだろうなぁ?」
私「旅行に行こうよ。私がいなくなるまで、あと4ヶ月しかないし」
Tさん「そうだね。ボーナス入ったら行くか」
私「うん!」

私がこの土地を離れるまで、あと4ヶ月。


Tさんが出勤するまで、寝転んでいたら、またHな気分に・・・。

「仕事に行くからダメダメ」と言うTさんの身体を触って、その気にさせた(笑)。

またH。

本日3回目。

でも、さすがにもうイケなくて、少しの間、ひとつになってTさんは身体を離した。




時間がきたので、うちを出る。

会社まで、私の車でTさんを送った。



別れ際に「今日は楽しい時間をありがとう」と言うと「こちらこそ」と。



たくさん愛し合った休日でした。




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。